• 採用情報
イメージ

各種情報
VARIOUS INFORMATION

インコタームズ 2020
INCOTERMS 2020

インコタームズ 2020

INTERNATIONAL COMMERCIAL TERMS 2020

インコタームズとは?

Incoterms®(International Commercial Terms)のこと

国際商業会議所(ICC)が制定した貿易取引条件とその解釈に関する国際規則です。貿易取引で売主(輸出者)、買主(輸入者)の間の誤解・紛争・訴訟などを防ぐために、費用や危険負担の範囲、双方の役割などで構成されています。

1936年に制定され、その後国際貿易取引の実態に合わせるために数回の改定がありました。直近では、2020年1月1日にIncoterms®2020が発効されました。

お客様の商売上の契約で必ずしもインコタームズの原則通りでは無い場合もあります。スムーズな物流サービスを提供するために、原則を理解した上で個々の変則的な条件を確認することは、フォワーダーの実務上重要な事柄となります。

2020年改訂の概要

売主(輸出者)、買主(輸入者)がその取引に最適な貿易条件を選択できるようにポイントが置かれました。
2010年以降の貿易取引の実務上の変化を反映し、取引に最適な貿易条件を理解しやすくするための工夫がされています。

11種類の貿易条件

全ての単数、複数輸送に適用する条件
EXW Ex Works 工場渡
FCA Free Carrier 運送人渡
CPT Carriage Paid To 輸送費込
CIP Carriage and Insurance Paid To 輸送費保険料込
DAP Delivered at Place 仕向地持込渡
DPU Delivered at Place Unloaded 荷卸込持込渡
DDP Delivered Duty Paid 関税込持込渡
海上及び内陸水路輸送のための規則
FAS Free Alongside Ship 船側渡
FOB Free on Board 本船渡
CFR Cost and Freight 運賃込
CIF Cost, Insurance and Freight 運賃保険料込

貿易条件の解説

EXW
:Ex Works

工場渡し

売主(輸出者)の費用負担と責任は、施設(工場、倉庫、指定場所)で商品を買主(輸入者)が手配した輸送業者等に引き渡すまで、以降は買主(輸入者)となります。売主(輸出者)は、集荷のために引取りに来たトラック等に積載する必要はありません。また、輸出通関の依頼もする必要がありません。

フォワーダーの実務上では、輸出では海外代理店や現地法人の指定貨物(ノミネーション)の場合、輸入では、買主(輸入者)から現地引取り、通関手配の相談を受ける場合に該当します。初回のオーダー時は、積地側で商品の特徴を理解している既存の通関業者があるなど、まずはShipperである売主(輸出者)にコンタクトを取ることが大切です。


FCA
:Free Carrier

運送人渡し

指定場所で買主(輸入者)が指定した運送人に物品を引き渡した時、売主(輸出者)の費用と危険負担が完了します。コンテナ船で輸送する場合で指定場所がCYやCFSの場合は上記の図のようになります。

FOBは、海上及び内陸水路輸送のためにのみ使用される条件であり、コンテナ船輸送の場合はFCA条件の方が適切と言えます。


DAP
:Delivered at Place

仕向地持込渡し

売主(輸出者)の費用負担と責任は、指定された仕向地か、その仕向地内の合意された場所で、輸送している例えばトラック上まで、以降は買主(輸入者)となります。売主(輸出者)は、到着地での輸入通関手続きの義務はありません。買主(輸入者)その手配を行います。

インコタームズ2010より新設された貿易条件。DDUは、この段階で廃止されています。基本的に現地通関は買主(輸入者)手配となるため、お客様が慣習で貿易条件DDUと指定された場合は、インコタームズ2020の何に該当するか、確認が必要です。


DDP
:Delivered Duty Paid

関税込持込渡し

売主(輸出者)の費用負担と責任は、指定された仕向地か、その仕向地内の合意された場所で、輸送している例えばトラック上まで、以降は買主(輸入者)となります。

DAPと異なる点は、売主(輸出者)が、到着地での輸入通関手続き手配や、関税を支払う必要がある点です。

フォワーダーの実務上では、積地側で到着地の輸入通関手配、関税の立替払いが必要になるため現地代理店、現地法人との綿密な打合せが必要です。付加価値税(VAT, GST等)が課される国が多くあります。荷主間の契約に別段の明記(DDP TAX unpaid)などが無い場合は、原則売主負担となりますが、都度確認する事が必要です。


FOB
:Free on Board

本船渡し

売主(輸出者)の費用負担と責任は、指定船積港の本船上に積載されるまで、以降は買主(輸入者)となります。

コンテナ船輸送の場合は、物品がCYやCFSで引き渡されるため、海上及び内陸輸送のためにのみ使用されるFOB条件よりFCA条件の方が適切と言えます。


CFR
:Cost and Freight

運賃込み

売主(輸出者)の費用負担は、仕向地の本船上まで、以降は買主(輸入者)となります。一方で、責任は、指定船積港の本船上に積載されるまでです。売主(輸出者)は、海上保険をかける必要はありません。


CIF
:Cost, Insurance and Freight

運賃保険料込み

売主(輸出者)の費用負担は、仕向地の本船上まで、以降は買主(輸入者)となります。一方で、責任は、指定船積港の本船上に積載されるまでです。CFRとの違いは、売主(輸出者)が海上保険をかける必要があることです。

弊社では、三井住友火災海上保険の代理店業も行っていますので、付保のご依頼も承ります。

貨物海上保険の付保委任受付サービスについて